エグゼクティブコーチングの効果についての体験

経営幹部を目指す人の自己実現の支援する

エグゼクティブコーチングの効果は? | 経営幹部を目指す人の自己実現の支援する | リーダーとしてのスキルを高める

経営幹部の自己実現というよりは、経営幹部を目指す人の自己実現の支援、つまり、経営幹部を育成するといった意味合いです。
日本企業の場合、例えば部長職を務めて優秀な成績を上げた人を経営幹部に抜擢するということが多いでしょうが、そもそも現場のマネジャークラスの人と、経営幹部として会社のかじ取り役を担う人とでは適性が大きく異なる場合があります。
もちろん、現場で何の実績も上げられなかった人が優秀な経営幹部になることはちょっと考えにくいでしょうが、部長としては極めて優秀であっても経営幹部としてはさっぱりということは起こるものです。
このようなことを防ぐために、次代の経営幹部候補に対して、コーチングという形で支援を受けることができます。
仕事に対する取り組み方や考え方はもちろんのこと、より広い意味での行動変容、例えば人に対する接し方とか、情報収集の仕方なども変えていかなければならないかもしれません。
この意味でのコーチングとは、候補をしっかりと育てて優秀な経営幹部にするという意味もあり得るでしょうが、場合によってはふるい落としと捉えられることもあるでしょう。
これくらいの段階にまで来ると、行動変容が必要だと言われてもなかなか変われない人もいます。

日本でも次第に広がりつつある「コーチング」。


その中に「エグゼクティブコーチング」というものがあることを知っていますか?

これは、会社の経営層を対象としたコーチングを指します。

今回は、そんなエグゼクティブコーチングの目的や効果・流れについて解説します😊https://t.co/HGiBntyfm7

— cotree (コトリー) (@cotree_official) September 8, 2019